ペインクリニックについて

ペインクリニックは、神経ブロック療法や薬物療法などの方法を用いて、有害な「痛み」を緩和するための診断と治療を行う専門診療科です。
「痛み」は、体に生じた異常を知らせる警告反応であり、大切な役割を担っています。
警告の役割を終えた痛みが長く存続すると、自律神経のバランスが崩れ、交感神経の緊張が強くなり、随所で血液の循環障害が生じます。その結果、新たな発痛物質(痛みを引き起こす化学物質)が現れ、より強い痛みや新しい痛みが出てきて、ここにいわゆる“痛みの悪循環”が形成されます。
痛みの治療にあたっては、患者様の症状や身体所見から「痛みの原因」を診断し、それに合わせた治療を行っていきます。

神経ブロック療法

炎症を起こした神経の近くに、強い抗炎症薬を直接注入することによって「痛み」を抑える治療法です。
神経ブロックは内服薬と異なり、必要な部位だけに直接的に効果を及ぼすことから、全身的な作用が無く、意識にもほとんど影響しません。
しかも、激しい痛みの多くは神経の強い炎症によって生じているので、一般の消炎鎮痛薬を服薬しても痛みは軽減しにくく、したがって現在のところ、神経ブロックを上回る効果を確実に上げられる治療法は少ないのが現実です。
特に、神経根ブロックは大規模病院ではレントゲン室の予約、放射線技師さんとの調整などが必要で、強い痛みがあってもしばしば1,2週間ほど待たされます。当院では、院長が自ら行うことで当日に速やかに行うことが可能であり、強い痛みを我慢することなく、即日に効果を実感いただけます。
なお、針を刺されることに恐怖がおありかと思いますが、これまで数千回行ってきた経験と実績から、最小限の痛みで的確な治療を提供いたします。

薬物療法

一方、薬物療法も重要な治療法です。
一般的な「消炎鎮痛薬」のほかに、抗うつ薬や抗不安薬、抗けいれん薬、抗不整脈薬などを組み合わせて、つらい痛みをやわらげていきます。これらの薬剤は鎮痛薬ではありませんが、鎮痛作用を発揮する薬剤であり、「鎮痛補助薬」と呼ばれます。

ペインクリニックの対象となる主な疾患

  • 坐骨神経痛
  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰痛
  • 肩こり
  • 五十肩
  • 首の痛み
  • 肘の痛み
  • 膝の痛み
  • 手足のしびれ
  • 手術後の痛み など