小児整形外科について

小児整形外科は、成長期にあるお子様を対象とした小児専門の整形外科です。
子どもはヒトとしての発達段階の途中にあり、日々、急速な成長を遂げています。
大人を小さくした存在が子どもというわけではなく、成長過程にあることをよく念頭に置きながら治療にあたることが大切なのです。
治療にあたっては、骨や筋肉、神経の発達を視野に入れ、小児特有の疾患を丁寧に治療し、後遺症などが残らないよう十分に配慮いたします。

主な小児整形外科の疾患

  • O脚、X脚
  • 内反足
  • 腰痛
  • 股関節痛
  • 成長痛
  • オスグッド・シュラッター病
  • 踵骨骨端症 など
  • ※上記の疾患以外にも、お子様の体で気になることがございましたら、どんなことでもお気軽にご相談ください。
  • ※必要に応じて専門機関(心身障害児総合医療療育センター、国立成育医療センター、東京都立小児総合医療センターなど)へのご紹介を行います。