脊椎・脊髄について

背骨(椎骨)は、頸椎(7個)、胸椎(12個)、腰椎(5個)、仙椎(5個)、尾椎(3~5個)から成り立っています。これらを合わせて脊椎と呼び、この脊椎の中の脊柱管を通っているのが脊髄や馬尾神経です。
脊髄の中には、脳から発せられる指令を伝える神経や、逆に感覚の情報を脳へと返す神経、心臓や消化器などの運動を調節する神経など、様々な神経が走っています。交通事故などでこの脊髄が損傷されると、ダメージを受けた神経は回復することが出来ず、その脊髄の部位が脳に近ければ近いほど、ダメージを受ける神経の範囲は広がってきます。

脊椎・脊髄外科とは

脊椎・脊髄外科では、交通事故などによる頸椎捻挫のほか、椎間板ヘルニア、頸椎症性脊髄症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、腰椎分離症など、首から腰の疾患や、上肢・下肢の痛みやしびれをともなう疾患などを専門的に診断・治療しています。
症状や検査結果(レントゲン、MRIやABIなど)を元に的確な診断を行い、患者様にとって最適な治療法(神経根ブロック、仙骨硬膜外ブロック、仙腸関節ブロック、上殿皮神経ブロック、各種リハビリ(マッケンジー体操、関節運動学的アプローチ(AKA博多法)など)、鍼灸治療など)をご提案いたします。

主な対象疾患

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症
  • 頸椎症性神経根症
  • 頚椎症性脊髄症