スポーツ整形外科について

スポーツ整形外科では、一般の整形外科的な知識に加えて、さまざまなスポーツ種目についての運動内容や外傷・障害の特殊性などを理解した上で、早期の復帰を目指して、運動療法、手術療法、リハビリテーション療法などによる総合的な治療を行います。
スポーツで負ったけがの治療は、一般の整形外科の治療とは少々異なる部分があって特殊なため、この分野に関して経験豊富なスポーツ整形外科の専門医にお任せいただくほうが安心です。
当院では、全国でもトップレベルの医療を提供している関東労災病院スポーツ整形外科と連携し、関東労災病院のスポーツ整形外科医に定期的に外来診療を行っていただいております。また、U-12代のサッカー協会のトレーナーも在籍しております。また、一般社団法人日本スポーツケア協会とも密に連携し、定期的に理事長のご指導をいただいております。スポーツ医学の知識と経験をもとに、最先端の医療機器(高精度エコーなど)などを用いながら各種スポーツ外傷・障害などに対する治療、および予防に向けてのご指導を行っております。
けがからの早期復帰および今後の予防に重点を置き、重症度、年齢、性別、種目、その方のポジションなどといった複雑な要素を十分に考慮しながら診療にあたります。
スポーツや部活動でけがをなさったような時には、お気軽にご相談ください。

主なスポーツ外傷(スポーツ中に生じた外力による組織の損傷)

  • 突き指
  • 打撲
  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 靭帯損傷
  • 腱断裂
  • 肉離れ など

主なスポーツ障害(同じ動作の繰り返し・使い過ぎによって起こる障害

  • 野球肩
  • 野球肘
  • テニス肘
  • ゴルフ肘
  • テニスレッグ
  • ジャンパー膝
  • ランナー膝
  • アキレス腱炎
  • 疲労骨折 など
  • 野球肩