NEWSお知らせ

診療時間の変更
コロナウィルス「蔓延防止装置・非常事態宣言 発令」に伴い、以下のように対策を行います。
診察 18時 受付終了
リハビリ 骨折・捻挫を除き原則 週1回
ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解ご協力のほどお願い申し上げます。
「腰痛下肢痛外来」(完全予約制)のご案内
【対象】腰や下肢の痛みやしびれでお悩みの方、何とか手術を回避したい方 など

火曜日午後に、「腰痛下肢痛外来」(完全予約制)を新設いたしました!
腰や下肢の痛みやしびれなどでお困りの方を中心に、より詳しく診察させていただきます。
ご紹介の場合は、MRI画像を持参いただけるとスムーズです。
手術が望ましい場合は、専門性の高い施設をご紹介させていただきます。
お気軽に、ご相談ください!
御来院の皆様へ
新型コロナ対策の一環として新たに問診表を導入しております。ご協力お願い致します。
第43回 日本骨関節感染症学会「最優秀演題賞受賞」のお知らせ
院長先生が発表および研究指導した、
「予防抗菌薬投与期間における非劣勢クラスターランダム化比較試験(NOCOTA study) 第 1 報 」
が 昨年行われた上記学会で 最優秀演題賞 を受賞しました!
詳しくはこちら
院長先生が編集を担当した医学雑誌が発行されます「2/24(水)発行予定」
院長先生が編集を担当した下記雑誌が発行されます。
低侵襲手術における感染対策マニュアル
本領域で国内最前線でご活躍の先生方にご執筆をいただきました。
いつも大変お世話になっている 川崎市立多摩病院 松下和彦先生にもご執筆を賜りました。
論文執筆指導について2件
1.
院長先生が Corresponding authorとして執筆指導した 東京大学の半井宏侑先生の下記論文が、”Spine” という一流英文誌に採択されました!
”The impact of cefazolin shortage on surgical site infection following spine surgery in Japan”
東京大学脊椎グループ の関連病院から得られた重要な知見がまとめられています。
本論文は、昨年秋の東大整形外科同窓会で行われた臨床研究発表で ”最優秀賞” を受賞しました(^^)v。

2.
院長先生が Corresponding authorとして執筆指導した 東京大学の永田向生先生の下記論文が、
日本整形外科学会の英文学会誌である ”Journal of Orthopaedic Science” の JOS Best Paper Award に選ばれました!
”A sliding scale to predict postoperative complications undergoing posterior spine surgery”
関東近郊7つの主要地域中核病院で集めた大規模データから得られた重要な知見を紹介しています。
2021年 の日本整形外科学会で 表彰される予定です (^^)v。
求人募集について
受付・医療事務はこちら
理学療法士(PT)・作業療法士(OT)はこちら
リニューアルオープンのお知らせ
2020年11月5日(木) 中野島整形外科としてリニューアルオープン
運動器診療の専門チームとして、最新の機器を駆使し、常に高いレベルの医療を提供します!
明るく笑顔で、皆様の不安や不満に寄り添いながら、地域社会に根付き、愛される存在でありたいと思います!

MOTTO当院のモットー

  • 1
    明るく、笑顔
  • 2
    やさしく、安全に
  • 3
    適切な診断と
    しっかりとした技術で
  • 4
    みなさまの 幅広い要望に
    お応えします